アクセス解析の運用を改善する『タグマネージャ』のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
tagManager

最近のWebサイトには、アクセス計測ツールの普及に従い、多くのタグの挿入が必至になっている。あなたのWebサイトにもgoogleアナリティクスやAdWordsなど、複数のタグが挿入されていないだろうか?今回はそんなタグの管理(マネジメント)を行うタグマネージャについて紹介する。

タグマネージャとは

通常、Webサイトにgoogleアナリティクスなどのアクセス計測ツールを設置する場合、<script>から始まるタグをHTMLに直接挿入する。タグの数が少なければ問題になることは少ないが、タグの数が多くなったり頻繁に更新を行おうとすると、全てのHTMLへの変更が発生し大きな負担となってくる。そのような問題を解決し、個々のタグを効率的に一元管理するためのツールがタグマネージャだ。

タグマネージャを使うことで、通常HTMLに個々に入れるタグを外部サービスの管理画面上で効率的に管理することができるようになる。

さまざまなマーケティングツールを導入するのは必須

最近では、さまざまなマーケティングツールを導入することは、Webサイトの反応率を改善する手法として必須となりつつある。

そのようなツールを導入するためには、個々のタグをHTMLに追加していく必要がある。予めタグマネージャでタグ管理を行なっておけば、スピーディーに、効率的にマーケティングツールを運用することができるようになる。

タグマネージャは欠かせない

タグマネージャが欠かせなくなる、その具体的なメリットを見てみよう。

  • HTMLに変更を加える必要がなくなる

    タグマネージャを使うことで、HTMLに変更を加えずにタグの追加・更新・削除ができるようになる。また不要なエラーを防止する機能を持ったものもあるので、今までエラーを恐れサイト管理者に頼っていた更新を担当者自身で行えるようになる。

  • 非同期読み込みによるページ表示速度の高速化

    現在公開されている多くのタグマネージャは非同期でタグの発行がされる。個々にタグを設置した場合に比べてページ表示速度が高速化する可能性が高くなる。

  • ページごとの埋め込みタグ変更

    Googleタグマネージャなどの高機能なタグマネージャではタグを表示する条件を設定できる。例えば特定のページだけにタグを表示したりタグのパラメータを一部変更するといったことが簡単にできるようになる。

おすすめのタグマネージャを紹介

Googleタグマネージャ

Googleタグマネージャは、2012年10月1日にGoogleが公開した無料のタグマネージャだ。
以下にその機能を挙げる。

  • タグ プレビュー モード
  • 自動エラー チェック機能(タグの形式が間違っている場合にコンテナの公開を防ぐ機能)
  • エラー回復機能(バージョン履歴など)
  • ユーザー権限の管理

サイトの不具合を招くタグは設定できないようになっている。

Yahoo!タグマネージャー

Yahoo!タグマネージャーは、Yahooが運営するタグマネージャだ。現在はYahoo!プロモーション広告を代理店経由で運用しているアカウントに限定して提供されている。

eco-tag

エコタグはサイバー・コミュニケーションズが運営する有料のタグマネージャだ。

<UNITAG>

<UNITAG>(ユニタグ)はデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社が運営する有料のタグマネージャだ。

TAGエビス

TAGエビスは株式会社ロックオンが運営する有料のタグマネージャだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料eBook|ABテストツール比較ガイド[2016年版]

第三者の公平な視点でツール比較を行ないました


本資料は、クライアント企業と一緒にツールを選定する立場のスプリットエンジンが、第三者の公平な視点でツール比較を行なったものです。
実際に自社で使っている情報をベースに再編集し公開しました。
比較対象は国内トップ3大ツール(Optimizely、Kaizen Platform、VWO)です。

ダウンロードする

SNSでもご購読できます。