optimizely の新機能「訪問者セグメント」

af30a7ede2911640b48bfca4aaf2bbb8
Optimizelyの実験結果画面に、「訪問者セグメント」という新機能が追加されました。この機能を利用することで、実験の結果をセグメントごとにフィルタリングすることが可能になります。さっそく、この機能の詳細を見てみましょう。

OptimizelyのターゲットURL設定方法

6af5d294594cbacdb02b6fcc29d07e7d
OptimizelyでA/Bテストを行う場合、どのページを対象に実験を行なうかを、ターゲットURLで設定します。今回はこのターゲットURLの設定方法について説明したいと思います。

続きを読む

Optimizelyの「カスタム訪問者セグメント」

f2ddd962cb51e764cae58493cac1d7a8

Optimizelyでは様々な訪問者セグメントを利用してA/Bテストを実施するターゲットを絞り込むことができます。

カスタム訪問者セグメントを利用することで、複数の訪問者セグメントをグループとして保存し、様々なA/Bテストに再利用できるようになります。作成したカスタム訪問者セグメントは、他のプロジェクトに複製することもできます。

続きを読む

Optimizelyの「IP アドレスのターゲット設定」

5c8226f0396036ef840ebf1e6a5c1a19

Optimizelyでは様々な訪問者セグメントを利用してA/Bテストを実施するターゲットを絞り込むことができます。

今回は、IPアドレスを利用した絞り込みを行なうIP アドレスのターゲット設定の紹介です。この訪問者セグメントを使うことで、例えば負の条件として管理者のIPアドレスを指定し、サイト管理者を実験対象から外し実験の信頼性を高める事ができます。

続きを読む

Optimizelyの「ジオターゲティング」

21bbb80ba84f1f7efc2b224ef3778a60

Optimizelyでは様々な訪問者セグメントを利用してA/Bテストを実施するターゲットを絞り込むことができます。

今回は、地域を利用したターゲットの絞り込みを行なうジオターゲティングの紹介です。この訪問者セグメントを使うことで、例えば札幌在住のユーザーに限定してA/Bテストを実施する、といったことが可能になります。

続きを読む