Optimizelyの「複数ページファネルテスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
333155b4ef873240f787c152737ff857

Optimizelyには、複数ページファネルテストと呼ばれるA/Bテストの種類があります。これは、別名で「複数ページテスト」や「コンバージョンファネルテスト」とも呼ばれます。
複数ページテストに切り替える事で、複数ページに渡るバリエーションを作成する事ができます。例えば、商品ページの商品名を変更し、その後のカートページでも変更した商品名を表示する、というような一貫した実験を行う事が可能になります。

利用可能プラン

  • ゴールドプランから利用可能。

使い方

  1. 実験タイプを複数ページテストに切り替える
    • 編集 > オプション > 実験タイプ > 複数ページテスト

  2. 複数ページテストに変更すると、ページの追加タブが追加されます。これをクリックする事で、ページを追加する事ができます。

補足: Optimizelyでは通常のA/Bテストでも、条件付きで複数ページに渡る実験は可能

通常のA/Bテストであっても、条件付きで複数ページに渡る実験を行う事は可能です。例えば、全ページのヘッダーにお問い合わせボタンを追加する、といった事は通常のA/Bテストでも可能です。

ただ、その場合は1つのバリエーションのコードの中に複数ページの書き換えコードを記載する必要があり、設定の難易度が上がります。また、タブとして他の実験ページを見る事はできず、エディターの URLからプレビューを変更する事しかできません。
通常のA/Bテストでの設定方法を説明します。

  1. ターゲット設定から実験対象のURLを追加できます。
    • 編集 > オプション > ターゲット設定 > 対象URL

    全ページを実験対象にしたい時は、ターゲット設定から index.htmlなどの固有URLを削除し、.*を追加し正規表現で全ページが実験対象となるように指定します。Simple matchからRegular expression(正規表現)に変更します。


  2. 編集画面でプレビューされるURLは、編集 > オプション > エディターの設定 > エディターの URLから変更することができます。


en: Multi-page Experiments (a.k.a. Conversion Funnel Testing)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料eBook|ABテストツール比較ガイド[2016年版]

第三者の公平な視点でツール比較を行ないました


本資料は、クライアント企業と一緒にツールを選定する立場のスプリットエンジンが、第三者の公平な視点でツール比較を行なったものです。
実際に自社で使っている情報をベースに再編集し公開しました。
比較対象は国内トップ3大ツール(Optimizely、Kaizen Platform、VWO)です。

ダウンロードする

SNSでもご購読できます。